大阪府立山本高等学校

YAMAMOTO SENIOR HIGH SCHOOL
                           http://yamamoto-shs.ed.jp

 

〒581-0831
大阪府八尾市山本町北1-1-44

TEL 072-999-0552
FAX 072-999-4374

 

女子バレーボール部

 
 
男子
女子
1年
2年
3年
合 計
11
 

 ユニフォームを新調して気分一新。攻撃的なチームに変わっていこうとしています。キャプテンを中心に自分達で考え立てた目標に向け、自分達で練習方法を考えて先生にアドバイスをもらっています。みんないっしょに汗をかきましょう!

 [2018年度]
 第37回浦川杯サマーカップ大会 優勝
  秋季  部別リーグ戦 Ⅱ部残留

[2017年度]
 秋季 部別リーグ戦 Ⅱ部昇格
 

女バレ日記

乙女の闘いの記録
12345
2019/02/18new

コート外でのコミュニケーション

| by 女子バレーボール部

 2月3日と10日の2日間にかけて、第38回浦川杯ウィンターカップが行われました。
近隣の公立高校計16校に対して戦いを挑む年2回行われるこの大会。夏の大会では見事優勝することができたので、連覇を目標に日々練習を重ねてきました。
 1日目、初戦はバタバタしながらも勝つことが出来、迎えた2戦目。強豪M高校が相手でした。ここ数年公式戦では1度も勝ったことがない相手に対して、フルセットまでもつれる戦いはしたものの、結局粘りきれずに負けてしまい、初日は2位通過で2日目にのぞみました。
 2日目は4チームのリーグ戦で行われました。初戦のY高校には勝利。作戦が見事成功しました。(どんな作戦かって?ここでは言えません(笑))2試合目のS高校とは、つい最近練習試合をしたばかり。そのときは五分五分の戦いで、正直うちと同じようなタイプのチームだなという印象を持っていました。決して楽な試合にはならないだろうと覚悟していましたが、案の定試合はフルセットまで持ち込まれる大熱戦。この大会は3セット目は15点制というルールだったので、出だしが特に重要でした。いつも出だしで波にのれないチームですが、部員たちは何とか粘り強く戦いました。しかし最後は力尽き、14-16で落としてしまい、負けてしまいました。ただ、気持ちの切り替えが早いのがこのチーム(特に2年生)のいいところで、3試合目はきっちりと勝つことが出来、結局2部リーグの2位でこの大会を終えることになりました。

 話は変わるのですが、先日テレビで女子カーリングの試合を見ていると、ピョンチャンオリンピックで見事銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの選手がこのようなことを言っていました。

「カーリングはコミュニケーションが特に大事なスポーツ。氷の上だけでなく、氷上以外でのコミュニケーションも大切にしている。」

 それを聞いたとき、この言葉はバレーボールにもあてはまるのではないかと思いました。そして、山高バレー部員は、それをきちんと実行できている集団だと思っています。練習中は厳しくても、練習が終わると、笑顔で仲良く会話しているのがとても印象的です。また、休み時間や休日などでも部員同士で本当に楽しそうに話をしている姿がよく見られます。コート内だけでなく、コート外でもコミュニケーションを大切にしている11人の部員たちを、とても頼もしく思います。

 そうこうしているうちに、2年生は引退まで残り少なくなってきました。4月には部別リーグ戦、そして6月には二次予選があります。先日のミーティングで部員たちがかかげた目標は、

「最後はみんなの笑顔で終わる」

最高の笑顔を見せてください!! がんばれ!山高女子バレー部!

追伸 この大会には、保護者の方だけでなく部員のクラスメイトの皆さんも応援にかけつけてくれました。みんな、本当にありがとう。
09:01
2019/01/21

粘り強さが身についた!

| by 女子バレーボール部

 1月20日(日)、登美丘高校にて新人大会2次予選が行われました。
 トーナメントで行われるこの大会、初戦は練習試合等で日ごろから交流のあるK高校との対戦でした。絶対に負けたくない相手。「初戦はとにかく勝ちにこだわろう。必ず勝とう!」とあえて強い口調で部員たちに伝えました。確かに部活動は勝利以外にもたくさん大事なことがありますが、この試合に勝つことが出来れば必ず部員たちの自信になるはず!そう確信していたので、あえて結果にこだわる言い方をして試合に送り出しました。

 結果は・・・
 まず第1セット。キャプテンの効果的なサーブが見事に決まり、終始リードしながらの展開が続きました。途中バタバタする場面もありましたが、1セット目はとることが出来ました。
 しかし、第2セットになると急に流れが悪くなります。サーブカットなどのミスが目立つようになり、相手に簡単に得点を与えてしまいます。バレーは流れのスポーツ。1度相手にペースを持っていかれるとなかなか取り返すことが出来ません。1セット目の出来からしたら考えられないくらいの点差で2セット目をとられてしまいました。
 そして運命の第3セット。このセットも序盤はなかなか波にのることが出来ません。2回のタイムアウトも早めに使い、何とか部員たちを落ち着かせようとしましたが、16-22と6点差を付けられてしまいました。まさに絶対絶命のピンチ!
 しかし、そこからの大、大、大逆転劇で3セット目をとることが出来、見事勝利することができました。確かこの後9点連続でポイントを重ね、結局25-22で勝ったと思いますが、正直なところ、このあたりは興奮しすぎていてあまり覚えていません(笑)。しかし、本当によく勝ってくれました。あきらめない気持ちや、逆境をみんなの力ではねのける粘り強さが身についてきました。

 休む間もなく連続して次の試合がありました。相手は1部の強豪校。1セット目は中盤までは優位に展開していましたが途中逆転されて落としてしまいました。続く2セット目もとることが出来ず、結果敗退となりました。ここ最近は1部の強いチームに対しても良い戦いをしているのですが、まだ勝つまでには至っていません。次こそは、1部相手でも何とか勝ちたいと思います。

 今大会も、多くの保護者の方々の応援、誠にありがとうございました。次の大会は2月3日(日)浦川杯ウィンターカップ、場所はなんと山本高校です!13:00くらいから試合開始になります。10人の部員たちがひたむきにがんばる姿を、ぜひとも見てあげてほしいと思います。多くの方のお越しをお待ちしています。
12:37
2018/12/29

今年一年、応援ありがとうございました。

| by 女子バレーボール部

 約1ヶ月ぶりのブログ更新となります。ここ最近の山高バレー部の活動をご紹介します。

 12月15日(土)、16日(日)公立高校大会がありました。初日は3チームのリーグ戦で上位2校が翌日のトーナメント戦に出場できます。初日は2位で通過できましたので、翌日にも出場することができました。初戦は何とか勝つことが出来たものの、次の試合で1部所属の強豪とあたり、残念ながら負けてしまいました。しかし、1セット目は23-25まで相手を追い詰めることが出来ました。収穫のある2日間となりました。

 22日、24日、28日は練習試合でした。秋の部別リーグ戦後のミーティングで「もっと強いチームと練習試合をしないといけない。」と部員たちから申し出があったので、1部常連校を含む強豪3校に練習試合を申し込みました。日によって調子はバラバラでしたが、守備、攻撃ともたくさん課題が見つかりました。しかしいずれも、今後山高バレー部を強くするためには克服しなければならない課題ばかりであり、それを見つけることができたと言う意味では非常に有意義な練習試合でした。

 26日、中学校2校を本校に招待して1日練習試合をしました。そのうち1校は、昨年度1年間本校で勤務されバレーの技術指導をしてくださったI先生の現在の勤務校でした。2年生は久しぶりの再会を非常に楽しみにしていたようで、試合の合間にしていただいた3人レシーブの球出しを見ながら、昨年I先生とともに活動した日々を思い出しました。

 そして12月29日、今年最後の活動日です。この日は練習を行わず、体育館の掃除と外のバレーコートへの土入れ、そしてその後は部員たちの持ち出し企画であるたこ焼きパーティーを行いました。顧問の私は、部員たちが楽しんでたこ焼きを作っている様子をたまにのぞくだけでしたが、隣の部屋から楽しそうな歓声を何度も聴くことができ、また出来上がったたこ焼きを食べることも出来ました。意外にも??(部員のみなさん、ゴメンナサイ!!)おいしかったです。

<第2グランドバレーコートへの土入れ>    <体育館の清掃>
   

<たこ焼きパーティー>
   

 2018年、今年のバレー部の活動が終わろうとしています。振り返れば、たった1年なのに、本当に多くの出来事がありました。春と秋の部別で二部残留を死守。しかし念願の1部昇格を果たすことは出来ませんでした。サマーカップでは見事優勝!表彰式後に多くの部員が涙を流す姿に、この大会をやりきったという充実感を垣間見ることができました。練習時と練習外での行動のメリハリがきちんとできる,そして10人のメンバーそれぞれが、時に厳しく、時に優しく接し、そして何より、仲間のことをとても大切にする姿がありました。その姿を見ると、バレー部の顧問としてこの10人の部員と出会えて、幸せな教師だなあとつくづく感じました。

 改めまして、今年1年多くの方々のご声援を賜りまして、本当にありがとうございました。特に、練習試合のたびに10人の部員全員をマイカーに分乗させて送り迎えをしていただいた保護者の方々には、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。また、時々練習に参加して後輩の活動をあたたかく見守ってくれる3年生の皆さん。いつもあなたたちに助けられています。本当にありがとう。来年こそは、念願の1部昇格、そして強いだけでなく誰からも愛されるクラブ、そして応援していただけるクラブを目指して、がんばっていきたいと思います。来年も、これまでと変わらぬご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年も、Keep smile!!  Stay positive!!

                                                                          山本高校女子バレーボール部顧問
                                               坂口 学
13:39
2018/11/25

課題山積、でも前向きに・・・

| by 女子バレーボール部

 11月23日(祝)、秋季新人大会(部別リーグ戦)が行われました。
 結果は、1勝2敗で何とかⅡ部に残留することができたものの、目標であったⅠ部昇格を果たすことは出来ませんでした。
 対戦相手の学校はいずれもⅠ部にいてもおかしくない強豪校。苦戦を強いられるのは覚悟していましたが、やはりレベルが高い。いつもなら落ちていたボールがなかなか落ちず、すぐに拾われて攻撃につなげられる。そして本当にミスがない。自分たちが出来ていないプレーをいとも簡単にやられてしまう。多くの課題が見つかった大会となりました。

 翌日休みをとり、リフレッシュして25日に練習を再開しました。あれっ?何か雰囲気が違う・・・。
いつもやっている練習に加えて、普段はやっていないメニューを取り入れている!何かあったのかな?と部員たちが試合後に毎回書いているバレーノートを読み返しました。その中には、

「今までと同じことをやっていてはダメだ。新しいことに取り組まなければ、Ⅰ部には上がれない。すぐに新しい練習メニューを考えます。」

 と書いてありました。すばらしい!負けに落ち込むことなく、すでに前向きになっている。おそらく、前日の休みの日に2年生を中心に今後の練習メニューについて話し合ったのだと思います。「やらされるバレーではなく、自分たちで考え、自主的に行動するクラブにする。」主顧問の思いをきちんと受け止めてくれて、すぐに行動に移している部員たちを、とても誇りに思います。

 次の大きな大会は12月15日(土)、公立高校大会です。期末考査もあり練習時間が限られますが、目標達成へ向けて精一杯がんばっていきます。応援よろしくお願い致します。

 
 追伸 先ほども述べましたように、12月15日(土)は公立高校大会がありますので、この日
   に本校で行われる第3回学校説明会でバレー部の見学をすることはできません。何卒ご
   了承ください。なお、本校への受験を考えておられる中学生の方でバレー部の練習等に
   ついてご質問がある場合は、遠慮なく山本高校女子バレー部顧問坂口(サカグチ)まで
   お問い合わせください。よろしくお願い申し上げます。
18:22
2018/10/09

秋季部別リーグ対戦相手決定!!

| by 女子バレーボール部

 11月23日(祝)に行われる部別リーグ戦の対戦相手が決まりました。

 相手は、日根野高校、明浄学院高校、常翔学園高校です。
 どのチームも強豪で、正直厳しいゾーンだと思います。しかし、前回春の部別大会のときも確か同じことを言いながらも部員たちはしっかりと戦い、Ⅰ部まであと一歩のところまでいきました。今回もやってくれると信じています。
 本校は第1試合から出場します。9時30分開始で、場所は日根野高校です。応援よろしくお願いします。
13:16
2018/09/27

チームが成長するために

| by 女子バレーボール部

 9月になっても、本校バレーボール部は練習や試合などで大忙しです。
今月は15日~17日と、22日~24日と2週にわたって3連休がありましたので、これらの休みを利用して多くの学校と練習試合をさせていただきました。
 その中で、今までにやったことのない新しい試みにチャレンジしました。
 果たしてそれは何か?戦術的な話なので、この場であまり詳しく話すことは出来ませんが(ゴメンナサイ!)、「守備に関すること」ということだけ伝えておきます。
 最初、私がその新しい試みについて話したとき、難色を示す部員もいました。
 ただ、試すこともなく、チャレンジもしないのはよくないだろうと判断し、いくつかの練習試合で試してみました。
 結果は、当初の心配もなく、十分な手ごたえがあったようです。
 その時、顧問として部員にある言葉を伝えました。

 「現状に満足したとたん、成長は止まる。」
 
 バレーでなくても、何か新しいことに取り組むときは、当然ながら不安もあります。その不安をかき消すように、ただただ出来ない理由を並べて何もしないのは、次への成長はない。当初は不安もあったその「新しい試み」も、いざやってみると、本校バレー部をさらに成長させてくれる非常に大事な要素だったと感じます。その試みに勇敢にチャレンジしてくれた10人の部員を、顧問として頼もしく思います。
 
 11月中旬に、秋の部別リーグ戦があります。さらに高い目標に向かって、精一杯がんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします。
11:24
2018/08/28

サマーカップの結果

| by 女子バレーボール部

 しばらくの間ブログを更新していなくて、申し訳ありません・・・。

 8月15日と19日の2日にかけて、第37回浦河杯サマーカップ大会が行われました。大阪南地区を中心に公立高校16校が集まって行う大会です。部員たちがかかげた目標は・・優勝!!かなり高い目標だなあと当初は思っていたのですが、結果は

見事、優勝!!

 正直なところ、びっくりしました。まさか、本当に優勝できるとは。確かに部員たちはこの夏休みの間一生懸命練習してきました。多くの学校と練習試合を行い、合宿にも行きました。合宿ではOGの方々が3人も来てくれて、部員に丁寧に指導をしてくれました。顧問と意見が食い違って、悔し涙を流す部員もいました。しかし、その悔しさを乗り越えようとする強い意志や、あきらめない気持ちも感じました。
 そして本番・・・
 決して本調子ではなかった部員もいて、思うように得点できなかったり、ミスが続いたシーンもありましたが、本当によくがんばりました。かつてはなかなか歯が立たなかった学校からも何とか勝つことが出来ました。表彰式で部員が優勝カップを受け取る姿をみたとき、実感がこみ上げてきて恥ずかしながら泣きそうになりました。

 この場をお借りしまして、本校バレーボール部を支えてくださっているすべての方々に、御礼申し上げます。
 毎日のように練習に来てくださり、時に厳しく、時に優しく技術指導をしてくださる、誰よりもバレーボールが大好きなE先生。
 部員の様子をつぶさに見て、技術的にできていないところや悩んでいる点を丁寧に指導してくださるN先生。
 お金を払ってまで合宿に来てくれて現役部員を叱咤激励し、後輩の面倒をきちんと見てくれて、そして本当に山高バレー部のことを愛してくれているOGの人たち。
 10人の部員を食事に招待してくださり、部員同士が仲良くなる場を作ってくださった保護者の方々。
 練習試合の相手をしてくださった他校の部員のみなさんや顧問の先生。
 まだまだここに書ききれないくらい多くの方々に伝えたい。
 
 本当に、本当にありがとうございます。

 これからも山高バレー部は、もっと、もっと強く、そして誰からも愛されるクラブを目指します!
 今後とも応援よろしくお願い申し上げます。

 追伸 高校のクラブでバレーボールをしようと思っている中学生のみなさんへ
 ぜひ、山高バレー部に入りませんか?確かに大変なこともあるけれど、充実した高校生活が、そして充実したバレー生活が送れると思いますよ。お待ちしています。
17:40
2018/06/05

二次予選の結果

| by 女子バレーボール部

 6月3日(日)、春季大会二次予選が行われました。
 今回からユニフォームを一新して望んだ大会(すみません。写真がなくて・・・。)かつ、1,2年生だけの新体制でのぞんだ初めての公式戦でした。
 1試合目は何とか2-0で勝つことが出来たものの、その後の2試合目は3年生が残っているⅠ部チームで格上ということもあり、0-2で負けてしまいました。
 
 課題がたくさん現れた試合でした。サーブレシーブ、ブロック、速攻など、まだまだレベルアップさせなければいけないところがいっぱいあります。

 試合の翌日、部員が試合後に顧問に提出する「バレーノート」を何度も読み返しました。

 「試合に出られなくて、くやしい気持ちもあった。次の試合は自分がコートの中で活躍できるようにこれから練習していきたい。」

 「〇〇先輩(セッターをしている先輩のこと)にもっとトスをあげてもらえるように、スパイクを強化する。コートをしっかり見ることができるようにする。」

 「1年生も自分たちで動けるように、引っ張っていこうとしてくれている2年生を支えられるように、試合(今日のような)を想定しながら練習していこうと思う。」

 「今回の大会で学んだことはたくさんあったし、新しいことに挑戦するきっかけになる試合だったから、次の大会では結果を残せるようにする!!」

 いずれも、入部してまだ間もない1年生が書いたものです。
 非常に頼もしく感じました。確かに課題は多いけれど、これから山高バレー部はもっと強くなると思いました。山本高校に入学して、ただバレーが好きで集まった11人の生徒たち。彼女らが作り出す新たな山高バレー部の未来に、輝かしい光を灯してくれています。

 次の公式戦は7月中旬に行われます。詳細は追って連絡いたします。今後ともあたたかいご声援よろしくお願い申し上げます。
15:37
2018/05/13

二次予選対戦相手決定!!

| by 女子バレーボール部

 5月12日(土)、春季大会二次予選の抽選会が市立堺高校で行われました。
 初戦の相手は、阿武野高校に決まりました。
 新チームとなってはじめての公式戦です。これまでキャプテンがしっかりとチームをまとめてくれて、雰囲気良く練習が出来ています。1年生にとっては高校生としてのデビュー戦で緊張するかもしれませんが、今持っている力を精一杯出し切ってほしいと思います。
 試合は6月3日(日)、刀根山高校体育館で行われます。1試合目ですので、9時30分に開始となります。
 応援よろしくお願いします。
13:35
2018/04/29

中学生との練習試合

| by 女子バレーボール部

 4月29日(日)、八尾中学校バレーボール部と練習試合を行いました。
新チームになってはじめての練習試合です。結果は・・・
1年生主体で挑んだセットは落としたものの、その他は勝つことが出来ました。
高校生として、先輩としてふさわしい試合は出来たのかなと思います。
とはいっても、まだまだ課題は多いです。特に1年生は、体幹を中心にしっかり体づくりをしてほしいと思います。

ところで・・・2018年度山本高校女子バレー部のチームスローガンが決定しました!!
(というか、顧問が勝手に決めました。(笑))

発表します!!!

Keep smile!  Stay positive!

です。
 今年2月に行われたピョンチャン冬季オリンピックで見事銅メダルを獲得したカーリング女子日本チームの主将、本橋麻里さんが仲間にかけた言葉だそうです。たまたま雑誌で見かけたとき、この言葉はまさしく今の山高バレー部にふさわしいと思いました。

 「笑顔は自分だけでなく、周りにいる人も幸せにする。だから、笑顔を忘れず取り組もう。」
「積極的にプレーをして出たミスは仕方がない。そのミスを取り返す強い気持ちを大事にしよう。」

まだはじまったばかりですが、これからの成長が本当に期待できる新チーム。
今後もあたたかいご声援、よろしくお願い申し上げます。
17:45
12345