大阪府立山本高等学校

YAMAMOTO SENIOR HIGH SCHOOL
                           http://yamamoto-shs.ed.jp

 

〒581-0831
大阪府八尾市山本町北1-1-44

TEL 072-999-0552
FAX 072-999-4374

 

インフルエンザ等罹患の場合

 学校保健安全法施行規則により、「学校において予防すべき感染症」には出席停止の期間が定められています。この期間は学校内での感染拡大を防ぐため、罹患した児童生徒等が登校できない期間です。


 基本的には、以下の表に示す感染症すべてが「罹患証明書」のみでよいことになりましたが、病気の種類により医師の証明書を提出していただく場合もあります。

 これらの感染症の可能性があって欠席させる場合には、必ず学校へ連絡してください。また、診断の結果についても速やかに連絡をお願いします。


 医師の指示等により、他へ感染させるおそれがなくなり再登校させる際には、「罹患証明書」を担任へご提出ください。

 

罹患証明書のダウンロード

罹患証明書(pdf形式)

 パソコンでダウンロード・印刷しご利用ください。
 

学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間の基準

感染症の種類
出席停止期間の基準等
第一種
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、鳥インフルエンザ(H5N1)治癒するまで
第二種
インフルエンザ(H5N1を除く)発症後五日かつ解熱した後二日を経過するまで
百日咳特有の咳が消失するまで
麻疹(はしか)解熱した後三日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)耳下腺の腫脹が消失するまで
風疹(三日ばしか)発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう)全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱)主要症状が消退した後二日を経過するまで
結核病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
第三種
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
その他の感染症の例
溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(リンゴ病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎
条件により出席停止となる感染症であり、校長が学校医の意見を聞き期間を決定する